トップページ » 麻衣ちゃん☆
麻衣ちゃん☆

Silent loveようやく到着ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

やっと聴ける『Silent love』v(≧∇≦)v

しばらくBlog休養してましたが、一応元気にやってます♪
今年中にやってしまわないといけない事がございまして、もうしばらく休養予定ですが今日は麻衣さんのNewシングル『Silent love〜open my heart〜』が到着しましたってことで一時復活です( ´ ▽` )ノ

昨日がフラゲ日だったんですけど、今回はAmazonで予約注文です。これまで数多くの誘惑(?)にも負けず、CDで初聴きしましたとも。これが書き終わったらPVもチェックしないと。

ではさっそくCDレビュー♪

まずはCDのケース&ジャケット。

発売発表から1回ジャケットが変わりましたが、こっちの方が良いですね。さすがにこの時期になると前の服装は寒そう( ̄〜 ̄;)
たぶん両A面の『BE WOTH U』なら前のジャケットがにあってると思うけど、『Silent love〜open my heart〜』なら25歳に相応しい女性っぽさとセピア感がしっくりしていて、ここ最近では最高の出来だと思います。
またCD本体のデザインも凝っていて、前作とは違いCDというメディアに付加価値をしっかり付けようという意志がくみ取れます。

皆さんご存じの方もいらっしゃるでしょうが、現在の音楽業界はCD不況であって、音楽不況ではないんですね。
CDという「音楽の入れ物」の売り上げは減少傾向にあるものの、音楽の購入や使用で発生する著作権料はピーク時とそれほど変わっていない。つまりiPodの登場により音楽市場が根本的に変わってきている、レコードからCDに変わったときとは比べものにならないくらいの変革の時期にきています。

その中で、今できることはCDと配信の特徴をしっかり理解して、それぞれの特性を活かした販売戦略を立てること。音楽業界に関して私は素人ですが、今回のシングルの動きを見て今までで一番良くできたと思います。


これから大事なのは「倉木麻衣」というブランドのあり方。
これまではオリコン1位を取ってCDの記録をつくり、メディアへの露出度の高さでブランドを築き上げてきた。ビーイングはその裏をかいて、本人のメディアの露出を控え飢餓感を作り出し、その分タイアップで音楽そのものの露出を増やし一種の神秘性を生み出した。

でもその両方とも消費者から見放されているのが現状。
別に音楽番組見なくても曲の試聴はネットが便利だし、露出を増やそうが減らそうがネットで深く知ることが出来る。神秘性もへったくれもない。
紅白も最初の数回は効果があるものの、何回も効果は続かない。
ランキング上位にするために販売日をずらしたり、事務所の力関係で賞レースはほぼ決まってるなんて消費者はとっくの昔に知っている。

そして何より「オリコン1位をとった曲が良い曲、1位をとれるTVにいっぱい出てる歌手はすごい歌手」という単純な発想を消費者がしなくなた。消費者が成長して、1位という他人の判断ではなく自分の判断で商品を判断するようになった。いわゆる価値観の多様化ってやつです。

今までのやり方がすぐになくなる訳じゃないけど、今までのやり方ではいつまでもいられない。音楽配信が進んでいるアメリカでは確実にCD売り上げが減少し続けている。

じゃあ具体的に何をすればいいのと聞かれると困るんだけどね (ー∇ー;)
まぁ、また今度ね。



長くなったけど、曲のレビュー
♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪


『Silent love〜open my heart〜』

第一印象はシンプル、綺麗に歌い上げるウインターバラード。前作や前々作では良い意味でも悪い意味でも「しつこさ」があったけど、今回は上手くシンプルに仕上がっている。
でも、『P.S.MY SUNSHINE』のようにあっさりしすぎず、ほどよく聴き応えのある。
倉木初期の最上のメロディーと声質のシンクロ率が異常に高い作品ではなく、それほど異をついたメロディーではないものの麻衣さんの歌唱で上手く歌い上げている、そんな曲です。

それと昨今のクラシックブームの影響か、バイオリンとピアノ、ドラムと麻衣さん自身のコーラスでまとめられています。どこかは忘れましたが、どこかの楽団の方が麻衣さんのレコーディングに参加したってBlogで書かれていましたよね?

歌詞は「あなたが私を変えてくれた、ずっと側にいたい」というラブソング。
あまり詳しく書くと野暮なので、各自聞き込んでください。

タイアップ先としてリネージュ兇離ぅ瓠璽献愁鵐阿箸覆辰討襪韻鼻確実に後付でタイアップを探してきた感じ。オンラインゲームは触ったこともないので、どんな内容のゲームかわからないけど・・・。


『BE WITH U』

こちらも『Silent love〜open my heart〜』同様、メロディとのシンクロ率よりも歌唱で聞かせる、心地よいリズムの曲。
お馴染みCybersoundが編曲を担当するものの、こちらもシンプル。ほどよく盛り上がれるけど、聴き疲れしない。ライブでは中盤で活躍しそう。

この曲の注目は歌詞の方。
アルバム『FUSE OF LOVE』以降、麻衣さんの書く歌詞は「あなた(ファン)が居てくれるから辛くても私は頑張れる。」「私が応援してるからあなた(ファン)も頑張って、夢は叶うから」の2つを大きな柱として分けることが出来る。
そしてあなたと私をつなぐ象徴として「LOVE」が存在していた。

しかしこの曲で倉木はこれまでにない強いメッセージで「共に立ち向かおう」と歌っている。
もちろん今までにも一緒に心を開こう、頑張ろうというメッセージを持った歌はある。例えば『ダンシング』の「心のシェルター一緒に崩してみようよ」など。
だがこの曲では、これまでにない強さで共に高らかに歌おうと呼びかけている。
『ダンシング』のように未来への希望に満ちあふれた曲ではなく、大きなモノを背負って傷つく毎日だけれども立ち向かっていこうという歌詞である。

まず歌詞の最初の3行。
今までは「夢をあきらめないで」と歌ってきたが、麻衣さん自身がファンにとっての夢であり、思いを託されている。特に麻衣さんのファンで亡くなった方やご遺族、夢を諦めざるえなかった人たちからの託された思いは想像以上に重いと思う。
その想いを受け継ぎつつも、果てしない道の中で想いを実現していくことは難しいと打ち明けている。

私もあなたもお互いに大きな想いを背負い傷つくけれども、共に歩きだそう。
今まで「always give my love」「僕はいつでもそばで見ているchance for you」と歌ってきたが、さらに一歩進んで「共につかみ取ろう、立ち向かおう」と歌ってくれた。

正直『chance for you』は好きじゃなかった。側にいて欲しいんじゃない、共に戦って欲しい、そう思ってた。
かなり深読みしすぎて麻衣さんの考えている内容と外れているかもしれないけど、『BE WITH U』は困難に立ち向かっていく勇気をくれたと想ってます。







Stay!graduatertk  at 03:11コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

麻衣さん新曲発売決定&学園祭ライブ追加♪

先日行われた2007アジアソングフェスティバルで演奏された『Silent love〜open my heart〜』の発売が決定しました

<blockquote>約8ヶ月振りのニューシングルは、両A面!!
ウィンターソングにぴったりな「Silent love〜open my heart〜」は、表現力を増した彼女がしっとり歌いあげるバラード。先月行われた2007アジアソングフェスティバルで初披露され、話題となった一曲です。
そして「BE WITH U」は海外での活動も広がりつつある彼女と共に、国境と言葉を越えて盛り上がれるPOPなアップチューン。
更に初回盤にはこの夏行われたファンクラブイベント中から、「Feel fine! 〜acoustic live ver.〜」の映像を特典DVDとして、そして通常盤にはその音源を収録しました!!

■タイトル:Silent love〜open my heart〜 / BE WITH U

□初回盤:「Feel fine! 〜acoustic live ver.〜」DVD付き
 VNCM-6002
 1. Silent love〜open my heart〜
  作詞:倉木麻衣 作曲: Daisuke "DAIS" Miyachi & Yuichi Ohno
 2. BE WITH U
  作詞:倉木麻衣 作曲: 徳永暁人
 3. Silent love〜open my heart〜-instrumental-
 4. BE WITH U-instrumental-

□通常盤:「Feel fine! 〜acoustic live ver.〜」音源収録
 VNCM-4002
 1. Silent love〜open my heart〜
  作詞:倉木麻衣 作曲: Daisuke "DAIS" Miyachi & Yuichi Ohno
 2. BE WITH U
  作詞:倉木麻衣 作曲: 徳永暁人
 3. Feel fine! acoustic ver.
 4. Silent love〜open my heart〜-instrumental-
 5. BE WITH U-instrumental-

倉木麻衣公式WEBサイトより引用
</blockquote>

『season of love』以来久しぶりのシングル、そしてバラードということで非常に楽しみです。
最近麻衣さんは海外の活動ばっかり、学園祭ライブも関東中心ということで寂しい思いをしてましたが、ようやく新作発表となりました。
時期的に考えて今年最後のシングル。年末にツアーを控えていることも含めるとアルバム先行シングルとも見ることが出来ます。
これまでのアルバムのパターンでは3枚シングル1アルバムという形が多かったのですが、前回『DIAMOND WAVE』からもう1年以上経っています。
今回のシングルで2枚ですが、可能性は大では??

ただアルバム発売があろうがなかろうが買いますけどね(・◇・)ゞ

オイラが麻衣さんに望むことは「常に自分に出来る最高の作品を作ってほしい」ってことです。
この業界、売れるときもあれば売れないときもある。でも流行に流されずしっかり作品を作っていってほしい。そうすればチャンスは向こうからやってくるから、そんなことを考えてたりします。


で、「Silent love〜open my heart〜」ですが、今回は発売まで聴くつもりはないです。いろいろLIVEでの動画が出回ってるようですが、何の先入観も無しにCDで聴いて見るのも面白いと思うので。
ネットで発売前に聴くのは簡単ですけど、発売まで我慢して我慢して聴く瞬間ってちょっと贅沢?

それと皆さんも気づいてると思いますけどサブタイトル「open my heart」
今まで『Secret of my heart』を歌ってきた麻衣さんが7年の月日を超えてついにopenになる!?
・・・まぁかなり前からOpenだけどね(;´∀`)
ただ倉木麻衣を象徴する歌の一つであった『Secret of my heart』と正反対のタイトルをつけることに、麻衣さんも変化し続けてるんだなと改めて思いふけるわけですよ。


話は変わりますけど、もう一つ重大ニュース!

横浜国立大学で学園祭ライブ第二弾決定です。
詳細ページ

でもちょっと待ってほしい!!
実行委員会の麻衣さん紹介文「いつもはTVでしかお目にかかれない倉木麻衣が常盤祭に来ます!」
・・・テレビほとんど出てませんからΣ(゚Д゚;)

また関東です、関東デスとも・・・
11月2日なので中央大の前日です。

・11/2(金) 開場12:30〜 横浜国立大学『常磐祭』     野外音楽堂特設ステージ
・11/3(土) 開場15:30〜 中央大学『白門祭』 中央大学多摩キャンパス クレセントホール(9号館)

オイラの卒業校でもやってくれないかな〜、無理だろな〜orz



Stay!graduatertk  at 15:44コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

麻衣さんLIVEDVD発売決定♪

金曲奨などで中国・台湾にいる間Blogをほったらかしにしてましたが、決して麻衣さんのこと忘れてたわけではないですよ〜ヽ(´Д`;)ノ

 お気に入りの一枚

mai中国1












.。゚+.(・∀・)゚+.゚

普段オシャレな姿をなかなか見せない麻衣さん!?
この花は誰にもらったんでしょうか、例のサッカー選手(ぇ

さてファン待望のNEWDVDが発売決定になりました(´∀`*)

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

■タイトル:Brilliant Cut 〜Mai Kuraki Live & Document〜
■発売日:2007年8月22日(水)
【VNBM-7001〜3 / 5,985円(税込)】

全国35ケ所36公演を駆け抜けた"Mai Kuraki LIVE TOUR 2006 DIAMOND WAVE"。その最終日さいたまスーパーアリーナでのライブを完全収録!!
18才の初ライブから24才の現在までを総まとめで振り返るスペシャル映像や、感動のバースデイ映像、さらにツアーでのオフショット満載のドキュメント映像も収められています!!
加えて、Mai Kuraki COUNTDOWN LIVE 06-07 〜Love,Day Break Tomorrow〜と名付けられたカウントダウンライブの模様も収録。
絶対に見逃せない豪華3枚組、全280分です!

以上倉木麻衣公式HPより引用
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

GIZAさん遅いんじゃヽ(`Д´)ノ・・・
なんて思ってたらNORTHERN MUSICのロゴが公式な場で初登場
今まではBeingGIZAのHPのアドレスをちょこちょこっと変えることで存在が知られているNORTHERN MUSIC、ついに出てきました。

オイラが参加したのはツアーの大阪公演1回のみだったので、ツアーファイナル&カウントダウンLIVEのDVD化はありがたいです。


でもね、いつもいつもライブ映像や音源などのソースや情報の取り扱い方がヘタクソというか幼稚というか・・・。
音楽のプロではあっても経営のプロが居ないんじゃないのかなと、時々思ってしまいます。
SMEや東芝EMIは書くまでもなくSONY・東芝がバックにあり、エイベックスには良くも悪くも依田巽氏が大きな影響力を持っていたわけです。
お金儲けのために音楽をやってるんじゃないってのは分かりますけど、また同時に古今東西お金がなければ音楽は出来ません。
誰かがしっかりマネジメントすることで、クリエイティブの人たちが自由な想像力を働かせその作品を効果的に多くの人たちに伝える。そんな姿が理想的なんですけどね。

まぁ不動産の知識を持ってる人はビーイングさんに多そうだけど(爆)



なんて毒を吐きつつも最後に、前回の記事を書いた後、坂井泉水さんの献花台に花を持っていきました。
初恋の近所のお姉さんが亡くなったみたいな感じで、なんというか泉水さんの詞はものすっごい共感できるんですよ。
心の中を見透かされているようで、ドキッとすることがたびたびあったりします。
でも、もう大丈夫です。これからもしっかり生きていきます。
言うのは簡単だけどしっかり生きていきます。

コメントをいただいたキク〜さんありがとうございました。・゚・(ノД`)





Stay!graduatertk  at 02:10コメント(0)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

FCイベントのアンケート

FC会員でもなかなか情報が掴みにくい麻衣さんですが、どうやらFCイベントでの「歌ってほしい曲アンケート」をしているそうで、投票してきました♪♪

いろいろ悩みに悩んだ結果ダンシングの『through the River』にしました。
麻衣さんが大学卒業を迎え発売されたこのシングル。ダンシングはノリ重視のその名の通りダンシングな曲ですが、『through the River』は同じ人が作詞したのかってくらい深い曲です。
詞の内容ではこっちが本当の卒業を迎えた麻衣さんの気持ちが書かれているのではないかと思ってたりします。

他にもファンしか知らないけど神曲レベルの素晴らしい曲は多々あるけれども、今の自分の気持ちにしっくりくるのであります。

まぁ、麻衣さんの歌を聴けたらそれが一番ですけどね(o≧▽゚)b


Stay!graduatertk  at 01:03コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

Mai.K Diary2007年初更新♪♪

麻衣さん更新キタ━(゚∀゚)━!

・・・明けましておめでとうございます(遅
「倉木麻衣の地球にちょっといい話」が閉鎖されて寂しいなと思ってたところ、やはり本家は更新してくれるのね☆☆

同じくMai-K.netのDiaryも更新。ついに今年の目標にスキューバーダイビングが無くなったな(笑)
まぁ麻衣さん、今年も張り切って行きましょう♪(*´∀`)ノ

Stay!graduatertk  at 22:44コメント(0)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

『Season of love』本日よりスタート♪

幸運にもリアルタイムで聴くことが出来ました〜☆
録画は出来ませんでしたが・・・。

久々に「黒さ」を感じるような曲、早くじっくりと聴いてみたいです。
タイアップの「新・京都迷宮案内」はオイラの親世代以上をターゲットにした番組。
今回で9シリーズ目となる安定した人気番組ではあるものの、タイアップ効果がどうなのかとの声もチラホラと・・・。

滴草ちゃんのように和風に攻めてみても良かったかなと思いつつも、これまでの典型的な事件モノより若者でも見やすいドラマなので、あの曲調でもOKなんじゃないですかね。


ところで、忘れてません??

来週から名探偵コナンが通常放送・・・だったと思う(ぉぃ
週に2回も麻衣の日があるのですな♪(*´∀`)ノ
たぶん両方見れない日の方が圧倒的に多いだろうけど( ̄▽ ̄;

Stay!graduatertk  at 00:00コメント(0)トラックバック(3) この記事をクリップ! 

もう次の新曲ですかΣ(゚∀゚ノ)ノ

知っている人は知っているでしょうが、次の新曲決まっているそうで(;´Д`)
まだ公式発表も何も無いので秘密です。

ヒントは「ゆらり〜、ゆらり〜♪」


・・・違ってたらゴメンね(ぇ


さて、もう31日。兄者に頼まれてHP作ってたら今年ももう23時間程。
今年は放浪の一年。詳しくは書けないけど、なんだかなぁ〜って感じでした。
もっと短く図太く生きてみたい!!!
来年はチャレンジの年にしたいなぁ。

カウントダウンライブに行かれる方はオイラの分まで楽しんできて下さいな♪

Stay!graduatertk  at 01:24コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

白い雪、想いの先に・・・

予約していた『白い雪』取ってきました♪(*´∀`)ノ

まず店に到着すると『白い雪』がどんな扱いかをチェェック。
アレ・・・地味(。´Д⊂)
まぁ、いつも行く店はいつも地味なんだけどね(爆)

で、ウキ☆ウキ☆しなが予約伝票を敬語の使い方微妙に間違ってる店員さんへ(ぇ
ここでいつもやってる在庫チェックφ(゚∀゚ )
会計が終わるまでに後ろに積まれている『白い雪』の数をカウントし、他のCDと比較するという、本当にどうでもいい能力。
ムムム・・・良い感じなんちゃうん( ̄ー+ ̄)

家に到着後、早速開封。


      ・

      ・

      ・
 
      ・

      ・   

      ・

      ・




麻衣ちゃん可愛い
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

CDケースはプラスチック部分の蓋が無い代わりに左右両方に歌詞カードがあって、それで折りたたむのね。
さらにその表面と同じ大きさの印刷されたプラスチックフィルムがあって、ジャケットとそれを重ねると綺麗ヽ(´ー`)ノ
こういうアナログな遊び心が嬉しい♪
音楽配信とは違う、アナログ的な楽しみがCDにはある。
人間はどんなに便利になってどんなにデジタル化しても、アナログ的なものを求めてしまう。こんなチャレンジはどんどんやってもらいたいです。

ジャケットについては120点、十分すぎる出来です☆☆☆


曲の方ですが、簡単にレビュー。

『白い雪』


暖かそうな、幸せそうな曲だなと思ってたけど、結構悲しい系の歌なのね。
オイラを呼んでくれたらいつでも抱き締めてあげるのに(蹴

前回のアルバム「DIAMOND WAVE」では麻衣さん自身によるコーラスが多かったですが、『白い雪』を聴いて確信した。
麻衣さん自身によるコーラスは控えた方が良い。
囁くような、透き通った声質なのは麻衣さんの特徴で最大の魅力なんだけど、その声でその声にコーラスをかけても厚みが無い。
今回マイケル・アフリック氏がコーラスを担当してくれているが、このポイントは大きいです。

メロディは他の歌手の大げさで、派手で・盛上げまっせな曲と比較すると大人しめ。
ライトユーザーに訴えかけるにはもう少しパワーが欲しいかも。
でも「商業主義で音楽やっとんちゃうねん」って感じで繊細で最高のメロディともいえない。
どちらにしても個性をもっと出して欲しいところです。

と書きつつもエンドレスリピート(笑)

Dメロは今回のCDで始めて聴いたのですが・・・ビックリしたΣ (゚Д゚;)
もっとしとやかな感じかなと想像していたので。
オイラは今回麻衣さんのインタビュー記事を読んでないけど、これは「儚さソング」と認定。
歌詞にも出てきているけど、『白い雪』は切なさ以上に「儚さ」を歌っている。
「儚い」と言っても、辞書にあるように「あっけない」ではなく、白い雪を握ってすぐ消えるこの感覚。「人」に「夢」と書いて儚いと呼ぶ意味での儚さ。

白い雪の下でこんなにも愛し合ったのに、握ると消える白い雪のように儚く消えた恋。その心の叫びが想いがDメロなんだなと。
そして今までどんなに辛くとも1歩を踏み出してきた麻衣さんが、この歌では踏み出せないでいる。これは今までに無かったこと。

この『白い雪』のアウンサーソングとしてあるのが「想いの先に・・・」
「切れ味抜群」では無いが、白い雪のパートナーとしては最高の出来。

・・・とまぁ今日はこの辺で_| ̄|○
(つ∀-)オヤスミナサイzzz


Stay!graduatertk  at 03:41コメント(0)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

明日はいよいよフライング発売日♪

ついにやってきた、明日は『白い雪』の発売日ですね(≧▽≦)

今回の曲は聴いた限りでは、もの凄い期待してます。
神曲連発していた頃とは違うけど、ここ最近の曲では頭1つ抜け出している感じ。もちろん、実際にCDで聴いてみないと判りませんが。

CDは予約済みなので、ゆっくりと落ち着いて、でもワクワクしなが買いに行こうかと思います♪(*´∀`)ノ

Stay!graduatertk  at 23:11コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

コナンED見たのさ〜(*´▽`*)ノ゛☆

うむむむむ、なかなか良いんじゃないの+(0゚・∀・) +

FCサイトで聴いたときは「あれ・・・」ど、どうなんだ〜と少し思ったりしましたが、最初から聴いてみるとシックリきました♪

サビは弱いけど、前後を通して聴くとシックリくる。

ここ近年のJ-POPはCMタイアップに合わせた「15秒のサビ」中心の音楽ばかり。
その流れを作ったのは他でもない、ビーインググループだったわけですが。
ところが今回の「白い雪」はサビとその他が主従関係ではなく、対等な感じ。

それと作曲者である大野さんの日記(11月7日)に「斬新さを求める人達の為の音楽もあれば、幅広く、より多くの人達が繋がる為の音楽もあります。
あまり若者の音楽を知らない“おかん”が気に入るか否かが、後者の役割を果たしているかどうかの個人的なバロメータにしています。」
とあるんですが、「白い雪」は想いっきり後者目指してるでしょう(´∀`)

埼玉アリーナで聴いたんじゃないのでフルがどんな感じかは知りませんが、今までとは少し違った感じで楽しみです♪

Stay!graduatertk  at 02:13コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!