トップページ » CD&DVDレビュー
CD&DVDレビュー

Silent loveようやく到着ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

やっと聴ける『Silent love』v(≧∇≦)v

しばらくBlog休養してましたが、一応元気にやってます♪
今年中にやってしまわないといけない事がございまして、もうしばらく休養予定ですが今日は麻衣さんのNewシングル『Silent love〜open my heart〜』が到着しましたってことで一時復活です( ´ ▽` )ノ

昨日がフラゲ日だったんですけど、今回はAmazonで予約注文です。これまで数多くの誘惑(?)にも負けず、CDで初聴きしましたとも。これが書き終わったらPVもチェックしないと。

ではさっそくCDレビュー♪

まずはCDのケース&ジャケット。

発売発表から1回ジャケットが変わりましたが、こっちの方が良いですね。さすがにこの時期になると前の服装は寒そう( ̄〜 ̄;)
たぶん両A面の『BE WOTH U』なら前のジャケットがにあってると思うけど、『Silent love〜open my heart〜』なら25歳に相応しい女性っぽさとセピア感がしっくりしていて、ここ最近では最高の出来だと思います。
またCD本体のデザインも凝っていて、前作とは違いCDというメディアに付加価値をしっかり付けようという意志がくみ取れます。

皆さんご存じの方もいらっしゃるでしょうが、現在の音楽業界はCD不況であって、音楽不況ではないんですね。
CDという「音楽の入れ物」の売り上げは減少傾向にあるものの、音楽の購入や使用で発生する著作権料はピーク時とそれほど変わっていない。つまりiPodの登場により音楽市場が根本的に変わってきている、レコードからCDに変わったときとは比べものにならないくらいの変革の時期にきています。

その中で、今できることはCDと配信の特徴をしっかり理解して、それぞれの特性を活かした販売戦略を立てること。音楽業界に関して私は素人ですが、今回のシングルの動きを見て今までで一番良くできたと思います。


これから大事なのは「倉木麻衣」というブランドのあり方。
これまではオリコン1位を取ってCDの記録をつくり、メディアへの露出度の高さでブランドを築き上げてきた。ビーイングはその裏をかいて、本人のメディアの露出を控え飢餓感を作り出し、その分タイアップで音楽そのものの露出を増やし一種の神秘性を生み出した。

でもその両方とも消費者から見放されているのが現状。
別に音楽番組見なくても曲の試聴はネットが便利だし、露出を増やそうが減らそうがネットで深く知ることが出来る。神秘性もへったくれもない。
紅白も最初の数回は効果があるものの、何回も効果は続かない。
ランキング上位にするために販売日をずらしたり、事務所の力関係で賞レースはほぼ決まってるなんて消費者はとっくの昔に知っている。

そして何より「オリコン1位をとった曲が良い曲、1位をとれるTVにいっぱい出てる歌手はすごい歌手」という単純な発想を消費者がしなくなた。消費者が成長して、1位という他人の判断ではなく自分の判断で商品を判断するようになった。いわゆる価値観の多様化ってやつです。

今までのやり方がすぐになくなる訳じゃないけど、今までのやり方ではいつまでもいられない。音楽配信が進んでいるアメリカでは確実にCD売り上げが減少し続けている。

じゃあ具体的に何をすればいいのと聞かれると困るんだけどね (ー∇ー;)
まぁ、また今度ね。



長くなったけど、曲のレビュー
♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪


『Silent love〜open my heart〜』

第一印象はシンプル、綺麗に歌い上げるウインターバラード。前作や前々作では良い意味でも悪い意味でも「しつこさ」があったけど、今回は上手くシンプルに仕上がっている。
でも、『P.S.MY SUNSHINE』のようにあっさりしすぎず、ほどよく聴き応えのある。
倉木初期の最上のメロディーと声質のシンクロ率が異常に高い作品ではなく、それほど異をついたメロディーではないものの麻衣さんの歌唱で上手く歌い上げている、そんな曲です。

それと昨今のクラシックブームの影響か、バイオリンとピアノ、ドラムと麻衣さん自身のコーラスでまとめられています。どこかは忘れましたが、どこかの楽団の方が麻衣さんのレコーディングに参加したってBlogで書かれていましたよね?

歌詞は「あなたが私を変えてくれた、ずっと側にいたい」というラブソング。
あまり詳しく書くと野暮なので、各自聞き込んでください。

タイアップ先としてリネージュ兇離ぅ瓠璽献愁鵐阿箸覆辰討襪韻鼻確実に後付でタイアップを探してきた感じ。オンラインゲームは触ったこともないので、どんな内容のゲームかわからないけど・・・。


『BE WITH U』

こちらも『Silent love〜open my heart〜』同様、メロディとのシンクロ率よりも歌唱で聞かせる、心地よいリズムの曲。
お馴染みCybersoundが編曲を担当するものの、こちらもシンプル。ほどよく盛り上がれるけど、聴き疲れしない。ライブでは中盤で活躍しそう。

この曲の注目は歌詞の方。
アルバム『FUSE OF LOVE』以降、麻衣さんの書く歌詞は「あなた(ファン)が居てくれるから辛くても私は頑張れる。」「私が応援してるからあなた(ファン)も頑張って、夢は叶うから」の2つを大きな柱として分けることが出来る。
そしてあなたと私をつなぐ象徴として「LOVE」が存在していた。

しかしこの曲で倉木はこれまでにない強いメッセージで「共に立ち向かおう」と歌っている。
もちろん今までにも一緒に心を開こう、頑張ろうというメッセージを持った歌はある。例えば『ダンシング』の「心のシェルター一緒に崩してみようよ」など。
だがこの曲では、これまでにない強さで共に高らかに歌おうと呼びかけている。
『ダンシング』のように未来への希望に満ちあふれた曲ではなく、大きなモノを背負って傷つく毎日だけれども立ち向かっていこうという歌詞である。

まず歌詞の最初の3行。
今までは「夢をあきらめないで」と歌ってきたが、麻衣さん自身がファンにとっての夢であり、思いを託されている。特に麻衣さんのファンで亡くなった方やご遺族、夢を諦めざるえなかった人たちからの託された思いは想像以上に重いと思う。
その想いを受け継ぎつつも、果てしない道の中で想いを実現していくことは難しいと打ち明けている。

私もあなたもお互いに大きな想いを背負い傷つくけれども、共に歩きだそう。
今まで「always give my love」「僕はいつでもそばで見ているchance for you」と歌ってきたが、さらに一歩進んで「共につかみ取ろう、立ち向かおう」と歌ってくれた。

正直『chance for you』は好きじゃなかった。側にいて欲しいんじゃない、共に戦って欲しい、そう思ってた。
かなり深読みしすぎて麻衣さんの考えている内容と外れているかもしれないけど、『BE WITH U』は困難に立ち向かっていく勇気をくれたと想ってます。







Stay!graduatertk  at 03:11コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

『のだめカンタービレLIVE!』CD購入♪

最近「のだめカンタービレ」ってドラマに影響されてか、クラシックをよく聴いてたりします。
いままで何だかんだで聴く機会の少ない分野だったけど、クラシックって凄い(ノ゚∀゚)ノ

初めてクラシックで感動したのは高校生の時、学校でプロの楽団の演奏を聴きに良く機会があって、その時初めてクラシックってモノを意識し始めた。

そして今日、こんなCD買ってきたりして

のだめカンタービレLIVE!













かなり前からサイドバーにアフィリエイトで貼り付けてるけど、今頃買ってきました( ̄▽ ̄;
下手にまだ知識の無いクラシックのアルバムを買うより、ドラマの演奏シーンで使用される音源を収録したこっちの方が面白そうかなと思って。

今のところオイラの中では・・・


ラフマニノフ最強




今まで知らなかったのがモッタイナイorz
麻衣さんのジャケ写効果が吹き飛んでしまってます・・・


「のだめカンタービレ」のドラマの方も面白くて、毎週見てたりします♪
特にのだめ役の上野樹里、奴は奴に似てるのでヤバイ(なじょ

Stay!graduatertk  at 22:48コメント(3)トラックバック(15) この記事をクリップ! 

風も木も花も〜♪(*´∀`)ノ 5

完成した〜(≧∇≦)ノ彡☆
まだ秘密ですが、今月中には公開できることでしょうΨ( ̄∀ ̄)Ψ

さてさて、麻衣コミュを見ると『Growing〜』ネタで相当盛り上がってるようですね♪
オイラは昼頃にゲットしてずーーーーーっと聴いてるのですが(いいかげん耳痛いw)、今年のシングルやアルバムに足らなかった何かがこの1枚にはあります。
この曲を聴いて「倉木麻衣の新境地」と思われる方がいるかもしれませんが、今年はずーーーーーーっと試行錯誤を繰り返してきました。賛否両論も散々ありましたとも。
その中でやっと光を見出したと言ったところでしょうか。

もちろん、今年の曲にも良い曲は沢山あります。でも紙一重でちょっと物足りないところがあった訳です。
個人的に大ヒットだった『Love needing』を超えて、今年No.1を獲得決定です。『I sing a song for you』も捨てがたいですが・・・。


1、Growing of my heart
第一印象は「葉山さんグッッジョブ(* ̄▽ ̄*)o」ですねぇ。ライブverが最高ですが、こういう音の作り方大好きです♪♪
そういえば久々に(個人的・商業的に)大当たりしたZARDの『星のかがやきよ』も大野×葉山コンビでしたね。これに明石さんや織田さんが外注という形ででも帰ってきてくれれば面白いことになるかも・・・というのは期待しすぎ・・・?

曲はインパクト大です。『feel fine!』や『Stand up』とは違った、逆風を駆け抜ける疾走感を感じさせるノリです。

2、Seven Nights
南の島で満天の星空を見上げながら聴くには『Like a star in the night』が最適ですが、残念ながら東京や大阪といった都会では星自体が見えないです。でもそんな中月は寂しげだけど神秘的な輝きをしています。
舞台は歌詞にあるように東京駅、ポツンと浮かぶ月を見ながらロマンチックになれる曲であります。まぁ男が1人でロマンチックになっても不気味ですが(笑)
何だかこのCDは全体を通して安心して聴ける♪

3、Winter*Swear
ここでちょっと質問。
Mai-K.netの発表では作曲がアフリックさんになってますが、ジャケットを見てみるとcybersoundになってる・・・何故??
まぁそれは別にして、冬って感じの曲ですねぇ。久々のcybersoundチームの登場♪
やっぱ麻衣さんにはcybersoundは必要不可欠です。

ただね、麻衣さん・・・

これをみんなで歌うのはどうかと思うよ(;´Д`)
セルフライナーノーツで「是非一緒に歌って欲しい曲ですハート」と書かれたら、モチロン男として(?)歌いますが、合唱するにはレベル高いよ(。´Д⊂)
よし・・・頑張ろう(ぇ


一緒にYUIの『Life』も買ったんですが、当分は麻衣さん一筋で(^-^;
まぁコッチは前から散々聴いてますからw

Stay!graduatertk  at 02:54コメント(0)トラックバック(6) この記事をクリップ! 

ベストアルバムバトン(≧▽≦) 5

先日ちゃぶーさんより頂いた「ベストアルバムバトン」なるものをやってみまーす。

 Q1.自分の生涯におけるベストナンバー15曲を集めて,自分だけのベストアルバムを作ってください。

 Q2.アルバムのコンセプトや選曲についての説明をお願いします。

質問はこの二つらしいのですが、Q1は麻衣さんと麻衣さん以外のアーティストに分けました。結構多かったので(^^;)

最初に一言、オイラからは誰にも回しません。
「次誰かに回さないといけない」っていうのは、するのもさせるのも嫌なので。
でもベストアルバムバトンやってみたい♪♪って方は「Stay!さんのところを見て」って書いてご自由にやってみてくださいね。

では麻衣さんから♪♪




1、麻衣さんver

1、Time after time〜花舞う街で〜
2、Natural
3、不思議の国
4、Tonight, I feel close to you
5、My Story Your song
6、Love,needing
7、いつかは あの空に
8、Secret of my heart
9、Double Rainbow
10、happy days
11、Loving you
12、明日へ架ける橋
13、I sing a song for you
14、冷たい海
15、Start in my life


う〜ん、こんなところですね。
本当はもう3〜4曲入れたかった所ですが、今回は割愛ということで(^-^;
Growing of my heartは16曲目候補ですが、今のところ完全版を聴いてないのでナシです。




続いて麻衣さん以外のアーティストverです♪

1、あなたを感じていたい / ZARD
2、feel my soul / YUI
3、ever free / hide with Spread Beaver
4、HURRY GO ROUND / hide with Spread Beaver
5、HOWEVER / GLAY
6、Tomorrow never knows / Mr.Children
7、Everthing's Gonna Be Alright / Sweetbox
8、COLORS / 宇多田ヒカル
9、Depend on you / 浜崎あゆみ
10、大切なもの / 滴草由実
11、恋ごころ / 菅崎茜
12、LIFE / YUI
13、笑顔日和 / ZONE
14、我也很想他 / 孫燕姿
15、LOVE FHANTOM / B'z


うむむ、これもなかなか難しい・・・。
YUIとhideが2曲あるのは、この二人が自分の中では別格(麻衣さんには及ばないが)って意味です。




Q2 麻衣さんver

コンセプト?
特にコンセプトとかなく集めてみたらこんな感じになったんですね。
こうしてみるとR&Bが少なく、バラード・ミディアムバラード中心になりました。

では誰も興味を持たないであろう全曲解説を(ぇ

1、Time after time〜花舞う街で〜
コレは定番中の定番ですね。麻衣さんの曲の中では1番聴いてること間違いナシです。

2、Natural
このBlogのタイトルにも使われているこの曲、見事なメロディセンスもさることながら、注目は詩です。辛い時は色々と助けてもらいました。

3、不思議の国
オイラが麻衣さんの虜になったのは「FAIRY TALE」だったりします。いまケースを取って見るとボロボロ・・・それだけ聴きまくったってことですわ(^-^;
他の曲もそうですが、ちょっとクセのある曲がスキなのかも。

4、Tonight, I feel close to you
この曲も有名すぎますね。あのメロディと重なり合う歌声を聴いたら他の歌手なん聴けません。

5、My Story Your song
闇に知られていない、孫燕姫さんのアルバムのみに収録されてる曲です。日本で入手できないこともないのですが、色々とややっこしい(。´Д⊂)
梅田のタワレコで1枚だけ孫燕姫さんのCD売ってるの知ってるけど・・・買おっかなぁ〜。

6、Love,needing
今年ではこの曲が1番です。紙一重で大サビに入るまでの盛り上がりが物足りないんですが、ライブでオイラがぶっ壊れる瞬間はこの曲でしょうw

7、いつかは あの空に
この曲が好きな人はよく見かけます(^^)
麻衣さんって何でこう儚くも美しい詩をかけるんでしょうか・・・。

8、Secret of my heart
初めて麻衣さんを「倉木麻衣」と意識して聴いた曲だったと思います。初めて聴いたのはコナンだったかな?この曲がきっかけで1stや3rdを買ったんですよね。

9、Double Rainbow
実はこの曲、つい最近までまで知らなかったんですよね(;´Д`)
なんせStand upのシングル持ってないんですよ・・・。
初めて知ったのはwishのDVD。「この曲は何ぞや!!」と調べてはまっちゃった訳です(笑)
やっぱり癖のある曲好きだな〜(^▽^;)

10、happy days
これはもう何も言いません(笑)

11、Loving you
オイラを麻衣ファンへ一気に引き込んだ曲です(笑)
アルバムオリジナル曲でココまで完成度の高い曲があるのかと初めて驚いた曲です。
「Loving you〜♪」の「you〜♪」のところのビブラートが最高に大好きです(* ̄▽ ̄*)

12、明日へ架ける橋
これはライブで聴くと最高に気持ち良いです。Ritライブで聴いた時、本気で鳥肌立ちましたから。
なんか全てが溶けてしまうような、麻衣さんの歌声だけが優しく暖かく感じるんですよね。
ある意味人類補完計画(何?

13、I sing a song for you
FCイベントで初めて聴きましたが、本気で泣きそうになりました。
麻衣さんは本当にいい歌を歌える歌手になったとです(´Д⊂)
詩はパッと見ると鎮魂歌のように聴こえますが、これは残された人の逝ってしまった人への深い愛情と、それを支えに強く羽ばたいて行こうとする美しい歌です。
最近の麻衣さんの歌詞にとやかく言う人が少しいますが、倉木麻衣ここにありです。
ただ残念なのはメロディがやや弱い・・・また紙一重(ぇ
麻衣さんのパワーで押し切ってる感じがあります。
そこさえなければTime越えもありだったのですが(個人的に)

14、冷たい海
自分の中ではこれは「大人の1曲」です。聴き始めの頃はいい曲ではあったものの、何度も繰り返すほどではないなと思っていたのですが、最近はコレが好きでたまらない(笑)
ちなみにこの歌、男性がカラオケで歌うと喉が潰れます(^-^;
歌えても結構キモイです・・・。

15、Start in my life
オイラが大学生時代に演劇部所属だったことはBlogでも何度か書きましたが、舞台本番の始まる直前にこの曲が自然と湧き出てくるんですよね。
ホールが暗くなって演技が始まるまでの一瞬だけど長く感じる張り詰めた空気。
ある意味演劇で1番好きな時間に「このステージを上〜る〜♪」って感じで思い出すんですよね。

う〜ん、長いなぁ(^^;
麻衣さん以外のアーティスト全曲解説はまた明日ということで♪♪



Stay!graduatertk  at 16:37コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

『Be My Last』/宇多田ヒカル

最近麻衣さん情報に疎いStay!です、コンバンワ〜

みんな良いよね〜〜ライブ行けて、お兄さんは羨ましかとよ(つД`)
そりゃ、ネタバレ記事も我慢できなくて見てしまうっちゅーねん(なに?
そんな訳で、たまには他のアーティストのことでも書いてみようかと。

で、じつは今日宇多田さんの日本での新曲『Be My Last』のPVをフルで視聴することが出来ました(^^)v

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ubemylast『Be My Last』/宇多田ヒカル

映画「春の雪」主題歌
2005.9.28 On Sale!
(CD+DVD) TOCT-5002¥1,320
(CD) TOCT-5001 ¥660

Be My Last Blog
Be My Last 特設ページ
『春の雪』公式ページ

いつも麻衣さんの記事ばっかりですが、結構色々と他のアーティストもシッカリ聴いているのであります。

その中でも常にTOP5に入っているのが宇多田さん、日本では本当に久々(誰かの願いが叶うころ以来)のNewシングルであります。

宇多田さんはねぇ、1ヶ月に1回くらい禁断症状が出るんだよね(ぇ


曲の第一印象は「シンプル」です。
いや〜、宇多田史上1番シンプルな曲じゃないですかね、これは。

シンプルな分、宇多田さんの声とメロディーと詩がズシズシと入ってきます。
曲の感じはねぇ、何と言うか表しにくいと言うか・・・

日本で発売された宇多田節を期待してた方や、エキソドスを期待してた方は「あれ?何コレ??」って思われるかもしれません。

1つだけ言えることは、ジャケットやPVの撮影場所であるチェコの感じが良くあってます。
チェコの音楽がどんなかは知りませんが(爆)
景色の雰囲気です、雰囲気!

ubemylast2真ん中の奥の方に見えるのはチェコのプラハ城であります。

チェコ‐wikipedia

 

久々の日本復活にしてはインパクトが足りないかも知れませんが、聞き込みたくなるような良い曲であります。

まぁ、少なくとも「大正」の歌ではないような気がしますが(^▽^;)

ちなみに主題歌となってる映画は、大正の華族を舞台にした悲恋物語であります。
最近面白そうな邦画が見当たらないのですが、これはどうでしょうかねぇ。
原作は三島由紀夫著の作品ですが、最近は原作は素晴らしいのに駄作が多いからね
そんなこと言っておきながら三島由紀夫の作品は読んだことありませんが何か?


え〜、とにかくこの映画と新曲がどう重なるか、観てみないと何とも言えません。
全然合わなさそうなのに、映画で聴くとメチャクチャ良いかもしれない。
逆にただの話題作りのためのおんぶに抱っこなのか・・・
そこが1番の不安要素です。

ということで、発売日まであと2週間、これは「買い」ですね(* ̄∀ ̄)

P.S. DVD付きはともかく、CDだけの紙ジャケットって・・・
たぶんiTunesで購入ですな。



Stay!graduatertk  at 03:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ZARDに見る本当のタイアップ

タイアップといえば、新曲をテレビCMや番組でテーマ曲として、主題歌として流してもらうものです。お互いの販促目的です。

このBlogの中でも「もっと良いタイアップを」と何度も書いてます。


今一番乗りに乗っているのは映画のタイアップですね。

平井堅の「瞳を閉じて」、オレンジレンジの「花」などですね。

そしてTV低視聴率時代と言われてますが、相変わらず強いのがTVドラマです。

YUIの『feel my soul』も月9ドラマ主題歌であります。
ただし、YUIの場合ドラマ以上にミュージックステーションの影響が強かったと思われます。オリコンのデイリーランキングや、公式掲示板の書き込み内容を見た限りですが。

ちょっと元気が無いのがCMであります。
木村カエラの『リルラリルハ』はCMの大量放映が結構効いたでしょう。麻衣さんのドワンゴは深夜中心&au限定サービスなので、あまり効果がありません。
気になるのはミスチルの新曲ですね。ポカリスエットのCMは内容は意味不明ですが、ミスチルの歌だけで存在感200%です。

最近はソニーのアニメタイアップが何かと話題であります。

アニメタイアップと言えば、昔はメジャーアーティストがタイアップするものではなかったのですが、それを始めたのはBeingです。
ちびまる子ちゃんを始め、スラムダンク、ドラゴンボールGT、名探偵コナンなどですね。
それに続いたのがavexです。犬夜叉くらいしか最近のは知りませんが・・・。そしてソニーのガンダムSEEDです。アニメでは今一番勢いがあります、観た事無いけど(ぇ

その裏ではお金も色々動いているようで・・・
元Bing所属の明石昌夫さん著『音楽を作る売るという仕事』によると、深夜番組でも200万はいるとかいらないとか・・・。


なぜこんなことを急に書き出したかと言うと、ZARDの新曲『星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように』がコナンのアニメ・映画ダブルタイアップだからなのですが、ふと思ったことがあったので・・・。

でも、もう1つタイアップの意味があるのはご存知ですよね?

ひとつの芸術作品の完成度を高めるために、作品の一部として、相乗効果を高めるために作られたものです。

ZARDはその辺のことを気にして作るのが非常に上手いなと思うのであります。

ヒット性としても、芸術性としても最大のタイアップだったのは「失楽園」のタイアップ『永遠』です。

当時社会現象にまでなった大ベストセラーのドラマ化でのタイアップです。
一歩間違えば「不倫推奨ドロドロドラマ」となりかねない、「不倫」という反社会的な内容を取り扱ったドラマであります。
もちろん昼ドラみたいなものではなく、文学として成立しているものであったとは思います(見ていないので^^;)

主題歌を提供する方も大変です。「不倫ドラマの歌」として認識されるわけですから・・・。
そのドラマに負けるどころか、純度を一気に上げたのが、泉水さんの透明度のある、硬質で汚れの無い歌声であります。

ベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection〜軌跡〜』に特典として付いていたARTIST FILEで、当時プロデューサーだった岡本俊次さんは次のように語っています。「そして何よりもややもすると不純になるドラマのイメージを”永遠”は見事に純化してくれたのだ。出演者もスタッフも、”永遠”を口ずさんで撮影した日々を想い出す。」

そこらのアイドルや若手にできる仕事ではありません。
ちなみに作曲・編曲は我等が(?)徳永さんであります。

ある意味、ZARDがテレビ出演を一切しなくても、1990年代を代表するアーティストとなったのは、こんなところがあったからかもしれません。
Mステ出演のトークシーンを見たことがありますが、出ない方が妥当かとも思いますけどね(^^;) だって、麻衣さん以上に恥ずかしがりや&トーク下手ですがな・・・。

そんなZARDですが、ここ数年元気がありません。
やはり1番の要因は、Being設立時から長門さんと大きくしてきた、最大の功労者でもある織田哲郎さんが出て行ったことでしょうか・・・。
最近はGIZAの主砲、大野愛果さんが作曲を担当していますが、相性最高の麻衣さん提供曲でも大野さんの(曲の作らせすぎで)不調ぶりが感じられます。

また一部で言われているのが「大野さんと泉水さんの相性」です(もちろん音楽の意味で!!)
まぁ、コレに関してはそれ程気にすることは無いかと思いますが・・・。
大野さん提供曲でも、初期の「少女の頃に戻ったみたいに」「Get U're Dream」のような名曲もあります。


しかし、前の「大空が良く似合う泉水さん♪」でも書いたように、今回の新曲期待してました。

で、早速昨日聴いてみたのですが・・・自分の中では75%くらい来てますね♪♪いかにもZARDって感じです。
大野さんも満足度60%くらい来てます♪

「星のかがやきよ」は、テレビで聴いた時よりも全然良いです。
「夏を待つセイルのように」は良い意味で期待を裏切られた感じですね。
映画は観てませんが、聴いただけでも「映画の世界観を重視しているんだな〜」っていうのが分かります。多分映画を観た上で聴いたなら満足度85%くらいはいくかな?
絶対観に行くことは無いでしょうし、見たいともあまり思いませんが・・・

こう見えても22歳のオトコでありますのでf(^^;)

Stay!graduatertk  at 19:56コメント(0)トラックバック(6) この記事をクリップ! 

大空が良く似合う泉水さん♪

実はず〜と気になってたCDがあるんです。

それが皆さんもご存知のZARDの新曲『星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように』であります。

正確には『夏を待つセイル(帆)のように』の方に興味津々です(* ̄▽ ̄*)

続きを読む

Stay!graduatertk  at 01:54コメント(2)トラックバック(5) この記事をクリップ! 

本日のゲットCD

今日はこの3作を買ってきました(^^)

050407_2210~01
・不機嫌なジーン サウンドトラック


・YokoBlaqstone『Back To My Base』


・sweetbox『THE GREATEST HITS』

フジテレビ系・月9ドラマ「不機嫌なジーン」オリジナル・サウンドトラックYUIが主題歌を歌っていた月9ですね。
全てInstrumentalですが、『feel my soul』はもちろん九州限定(既に手に入らない状態)で発売されたインディーズシングル『It't Happy Line』などの色々なバージョンが収録されています。
『It't Happy Line』はオークションで普通に5〜6千円してますので、Inatrumentalとはいえ、結構貴重です。

次は麻衣さんの楽曲提供者として有名なYokoさん『Back To My Base』です。
流石はYokoさん!!普段R&Bを聴かない僕でも「スゲー」と聴けますねぇ。
お気に入りは2曲目・4曲目・麻衣さん提供曲9曲目の『Kiss』です(^^)

全て梅田のタワレコで購入したのですが、意外と売れてました(失礼?^^;)
視聴できるようにもなっていて、色々な人が聴いていたので、Yokoさんとは知らずに聴いて買ってる人が多いのかな?

3つ目はseetboxの『THE GREATEST HITS』です。『Love,needing』のジャケで色々ありましたが(^^;)結構お気に入りのアーティストだったりします。
だいぶ昔に来日してミュージックフェアかなにかで、(まだティナの頃かな?)『Everyting's Gonna be Alright』を歌って、それ以来よく聴いていてます。
洋楽が苦手な人でもすんなり聞き入れやすいと思います。

確か麻衣さんも「Mai-K TV」でオススメとして取り上げていたはずです。

それにしても全部で8千円近く・・・音楽貧乏まっしぐら_| ̄|○

どうせなら大学時代TUTAYAかCDショップでバイトすりゃ良かったと思うStay!さんでしたf(^^;)



Stay!graduatertk  at 22:11コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

麻衣さん、貴女は神ですか(ノTдT)ノ

love購入後もう聴かれた皆さんには言うまでもありませんが・・・

これ以上に優れたCDを聴いたことが無い!!

「倉木麻衣」という1人のアーティストを好きで、本当に良かった。
そう想える一枚です。

『Love,needing』はモチロン、C/Wの『Moon serenade,Moonlight』『明日へ架ける橋〜ballad ver.〜』も素晴らしい楽曲です。

まずケースから違うのが分かります。
マキシシングルがシングル市場のほとんどを占めている現在、多くのケースは100円ショップで「10枚セットで100円」で売られているようなケースを使用している。そこに折りたたんだ歌詞カードとアンケート用の手紙が一枚ずつ。

言うまでも無いが、コストを下げるため、少しでも安く売るためである。

今回の『Love,needing』はどうだろうか。ケースはアルバム仕様、歌詞カードは多めの6ページ。ページ数を増やせばアルバムと変わらない。

これまでにもそのようなシングルはいくつもある。

例えば


続きを読む

Stay!graduatertk  at 23:00コメント(0)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

YumiShizukusa

YumiShizukusa 
 先日買って来ました、滴草由実のNewアルバム『YumiShizukusa供戞!麻衣ちゃんの『If I Blieve』を100とするなら、個人的には65と言ったところでしょうか。
 1曲1曲は良かったです。特に「大切なもの」は大野愛果さん作曲と言うこともあって、非常にgoodです。ただ、アルバムを通して聴くと・・・どうしても同じ曲に聴こえてしまう。もちろん、世間に浸透しているわけのわからん曲に比べれば上物ばかりですけど、どうしても優れた数曲だけを聴いてしまいます。「おまえの耳がぼけとんじぁ〜☆☆」と言われればそれまでなんだけど(^^;)

続きを読む

Stay!graduatertk  at 15:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!